税効果会計の入門書

0
    税効果会計をマスターするべく、入門書を購入しました。頑張って本格的に税効果会計を勉強しますよ。
    税効果会計が導入されたのは平成12年、私が独身時代に勤めていた会社を寿退社した後の事です。
    その後、間もなく子宝に恵まれ、ずっと専業主婦として生活していたため、税効果会計というものは全く知りません。
    主人もサラリーマン一筋だったので、当然、税効果会計、なんだそれっという感じです。
    けれど、子供の手が離れて自由な時間が出来たのを機に、どこかへ勤めようと思うんです。
    されど、この年で再就職する訳ですから、税効果会計のようにまだ出来る人の少ない実務をこなせるようになっておく必要があると考えました。
    これまでの経験を生かして税効果会計の実務が出来れば、就職活動をするのにも若干有利ではないかと思ったからです。
    税効果会計を勉強するために今回私は2冊の入門書を買いました。
    1冊は税効果会計のQ&Aという感じの本で、詳しい説明が細かく解説されています。
    もう1冊はその続編で、税効果会計の実務ガイドのような本で、実際に活用するためのテクニックなどが多数掲載されています。
    他にも税効果会計に関する本はいろいろありましたが、このシリーズが一番解り易そうだったので、購入しました。
    とは言っても、税効果会計自体がややこしいもの。当然、いくら入門編と言っても税効果会計のテキストは難しいです。
    税効果会計は経理としてのキャリアだけでなく、企業税に関する知識が多数必要になります。
    そのため、ベテランの経理事務員でもかなりの学習をしなければ税効果会計の実務は困難だと言われています。
    税効果会計のハードルの高さはかなりです。
    でも、企業における税効果会計の今後の必要性を踏まえ、私は今回入門する事にしたのです。
    本当は、税効果会計をきちんと学習するのであれば、ビジネススクールなどが開催する実務講習を受けるといいそうですね。
    私の場合は、商業高校を卒業しており、日商簿記の資格も持っているし、それなりの経理実務経験もあります。
    それでも税効果会計を独学でマスターするのはやはりものすごく大変ですね。
    そんな中、税効果会計のブログやサイトはとてもいい参考になります。
    税効果会計の解りにくい部分を適切に解説してくれているものも沢山あって、すごく助かっています。
    自力で税効果会計を入門しているおばさんにとって、そんなブログやサイトは強い味方ですね。

    税効果会計の実務講習

    0
      税効果会計をきちんとマスターするために、実務セミナーを受講する事になりました。
      税効果会計は平成12年度から導入されたシステムです。
      まだ比較的新しい経理処理で、会社の中にはこの税効果会計をしっかり出来る社員がいません。
      これまでは税理士さんに頼んで税効果会計もやってもらっていたそうです。
      でも、うちのような中小企業の場合、会社の中にも一人位税効果会計の出来る人間がいた方が何かといいだろうと社長が言いだしました。
      とは言っても、私はこの春入ったばかりの新入社員、税効果会計の実務講習なんて関係ないだろうと思っていました。
      短大では語学を専攻していたので、一般事務として入社したものの、税効果会計どころか、まだ経理そのものがよく解っていない状態。
      そんな私が税効果会計の講習に行かされる事になるなんて思ってもみませんでした。
      税効果会計の実務セミナーに行くのは、少しは知識を持ったベテランの事務員である先輩社員さんだと思いこんでいたのです。
      なのに、自分のところに税効果会計の講習会の話が来て、もうビックリ。
      税効果会計という言葉の意味すらまだよく解らないのに、どうしたらいいの〜、という感じです。
      それに、いくら受講したからと言って、税効果会計の実務がすぐに出来るようになるとは限りません。
      もともと、パソコンが使えるという理由で採用してもらった私、本格的に経理業務をやった事すらないんです、税効果会計なんて無理ですよね。
      仕方がないので、取りあえず、あるサイトの中で見つけた税効果会計のQ&Aというのを少し読んでみました。
      今回私が税効果会計のセミナーを受ける事になったビジネススクールのサイトです。
      税効果会計の実務講習を受けるに当たり、まだ新米OLの私は一般経理の講座から受ける事になっています。
      税効果会計の実務を行う上で、必要になる様々な経理内容が説明されるそうです。
      税効果会計の実務講習に関するブログやサイトを読んでいるうちに、この2つのセミナーの重要性が解って来ました。
      そして、なぜ社長が私に税効果会計の実務講座を受けさせる事にしたのかと言う事もね。
      今の私にとって、一から経理を学べる場所、それが今回の税効果会計の実務セミナーなんです。
      それを教えてくれた税効果会計のブログやサイトに感謝。一生懸命頑張って、税効果会計の実務がこなせるようになりたいと思っています。


      税効果会計と実効税率

      0
        税効果会計と実効税率、初めての方にはとても難しい内容に聞こえますよね。
        先日ビジネス学院で経営学を学んでいる子供が書いていた税効果会計についてのレポートを見て、私が真っ先に感じた事です。
        税効果会計、こんな難しい事が解るようになったんだ、我が子も随分大人になった物だと思いました。
        実効税率と言っても、税効果会計で使用する税率は実際に納税額を計算する際の税率ではないと書かれていました。
        ところで、この税効果会計とは何なのでしょうか。
        私には実効税率の計算方法どころか、税効果会計という言葉の意味すらよく判りません。
        親としては恥ずかしく、情けなく思った私は、取りあえず税効果会計について少し勉強してみる事にしました。
        そこで、子供のテキストをこっそり読み始めたのですが、税効果会計について実に難しい言葉が沢山書いてありますね。
        税効果会計というのは法人さんの会計処理の事のようなのです。
        実効税率というのはこの税効果会計の計算の事なのでしょうか。
        財務会計の目的に照らして法人税などを適切に配分するのが税効果会計なんですよね。
        税効果会計は、従来の様々な矛盾点などによる納税上の問題を解決するために導入された処理システムだと考えました。
        会社を経営している人たちにとっては、将来の税金の払い過ぎなどを招かないようにするためにも、税効果会計は重要になるのではないでしょうか。
        うちの子供がまさかいきなり社長になれる訳ではないと思うのですが、どうやら経営コンサルタントを目指しているらしく、この税効果会計を詳しく学習しているようです。
        これから先、中小企業が節税を考える上で、税効果会計は必要不可欠なものになるという事なのでしょうか。
        税効果会計がよく解らない私に、税効果会計の必要性や重要性など解りません。
        しかし、子供にはこの税効果会計というものがちゃんと理解出来ているのです。
        高い学費を払って専門学校に通わせているのですから、税効果会計位解っていて当然と言えばそれまでなのですが…。
        されど、ちょっとすごいと思いましたよ、親馬鹿かも知れませんけどね。
        法人さんは事業税以外にも住民税や所得税など様々な税金を納めているので、それらを考慮した実効税率というのを計算するのが税効果会計なんだそうですね。
        税効果会計についてのブログやサイトを読んでいるうちに、少しずつですが解って来ました。
        これからももう少し税効果会計について、ブログやサイトで学習してみようと思っています。

        税効果会計とは

        0
          税効果会計とはどのような事柄かをきちんと説明していただける方を見つけるのは難しいですね。
          先日中小企業を営んでいる知人から、税効果会計という言葉を聞きました。
          彼はその場で税効果会計について、あれこれ話してはくれたのですが、何分酒の席での事。
          税効果会計という言葉すら初めて聞いた私は、何が何だかさっぱり解りませんでした。
          以来税効果会計というものが大変気になっております。
          今は貧乏サラリーマンの私、税効果会計などまるで無縁のものだと思います。
          事実、これまで税効果会計などという言葉、全く知りませんでした。
          それでも何不自由無く生きて来られたのですから、少なくとも今の私に税効果会計なるものは、必要ないと考えられます。
          しかし、税効果会計というものがあると知った以上、多少はきになります。
          税効果会計という言葉を調べると、いろいろな事例や解説がいろいろと出て来ます。
          でも、税効果会計についての説明や解説はとても難しくよく理解出来ません。
          税効果会計以外にも沢山専門用語が出て来て、益々解らなくなりそうです。
          確かにこの税効果会計、今はまだ必要ないかも知れませんよ。
          しかし、自分だっていつまでも雇われの身でいるつもりはありません、男としていつか必ず一国一城の主になりたいと思っています。
          そうなればきっと税効果会計はもっと身近な存在になって来るはずです。
          それを見越して、と言うか、それを夢見て、今から税効果会計というものをちゃんと知っておきたいのです。
          そんな訳で、税効果会計について事細かに教えて下さる方を探しています。
          税効果会計についてのこんなブログを先日掲載させてもらったところ、学習する際の良いアドバイスをいくつかいただきました。
          その中に、いきなり辞書や専門書などで税効果会計について調べない方がいいという声がありました。
          まずは税効果会計についてのブログやサイトを読んでみたらどうかと言うのです。
          なるほど、早速税効果会計に関するブログやサイトをあれこれ見てみました。
          すると、私のように税効果会計というもの自体をまだよく把握していない人もいれば、エキスパートのような人もいます。
          実に解り易い税効果会計の解説も結構あります。
          これから先、こうした税効果会計に関するブログやサイトをこまめに読んでいくうちに少しずつ理解出来るのではないかと思いました。


          MMFとMRF

          0
            MMFというのは、非常に安全性の高い債券を中心として、優れた投資信託として高く評価されています。
            運用方法については、MMFはMRFと基本的には同じ仕組みになっていて、申し込み手数料や解約手数料は共に無料です。
            しかし、MMFの場合、MRFと違って、30日以内に解約すると、手数料がかかってしまうので、注意しなければなりません。
            しかし、MMFの良いとこところは、MRFよりも高金利が期待できることで、これは、大きな魅力の1つと言えます。
            申込し込みに関しても、MMFであれば、証券会社からかんたんにすることができ、気軽に短期公社債を運用できます。
            証券総合口座専用の投資信託がMMFであり、公社債や短期金融資産にて運用される投資信託のことを指します。
            MRFと同じく、MMFも、投資信託会社が、残高を口座名義人に代わり、運用して利益を出すという仕組みになっています。

            MMFもMRFもどちらも同じような感じに思えますが、違うのは、MRFの場合、自由に出し入れができることです。
            一方、MMFの場合は、MRFと異なり、出金には条件が付き、また、以前は、証券会社が預金口座を持つことは禁止されていました。
            そうした背景があって、MRFという普通口座に似た商品ができたわけで、MMFという商品の後に登場してきたものです。
            株の購入などでMRF口座から購入代金を引落とすことはよくあり、MRFは銀行でいうところの普通預金口座にあたり、MMFは定期預金に当たります。
            MMFとMRFで共通する点と言えば、どちらも投資信託でありながら、元本割れがないという点です。
            銀行の預金口座のようなものを証券会社で作ろうとしたものがMRFですが、MMFの場合、入出金が1ヶ月に1回しかできません。
            要するに、MMFの場合、MRFと違い、取引額が1万円単位で、融通がきかないという問題がありました。

            MMFの問題が浮上したことで、それに抗するようにして登場してきたのが、MRFというわけです。
            端的に言えば、MMFの問題を解決すべく誕生したのがMRFで、MRFの場合、入出金が毎日できて、取引額も1円単位です。
            しかし、MRFの場合、MMFと比べて、利回りは悪くなり、運用するに当たっては、デメリットがあります。
            商品として比較していくと、入出金の融通性を取りたいならMRF、利回りを取るならMMFということになるでしょう。
            MRFとMMFの違いは、簡単にいうとより商品として使いやすく、安全度を高めたものがMRFと言うことが言えます。
            MMFの場合、解約時には信託財産留保金がとられますが、MRFには一切なく、引き落としや給与振り込みなども指定することができます。

            国際のMMF

            0
              国際のMMF は、いわゆる外国投資信託の一種で、これには高格付けの債券、コマーシャル・ペーパーなどがあります。
              期間1年未満の短期金融商品を中心として、国際のMMF は、安全性の高い運用を構築しています。
              一般的に国際のMMF が人気となっているのは、少額から始めることができ、外貨預金より利回りが高いからです。
              しかも、国際のMMF の場合、為替手数料についても、外貨預金と比べて半額程度と割安になっているので、高い評価を受けています。
              そして、国際のMMF の場合、運用成績をもとにして、毎日、分配金が計算されるので、非常にメリットは大きいです。
              国際のMMF の分配金については、毎月末にまとめて再投資されるので、効率よく運用することができます。
              非常に魅力的なのが国際のMMF ですが、これまでは、ネット証券においては、米ドルくらいしか取り扱いがありませんでした。

              国際のMMF は、最近では、取り扱いの種類が増えていて、米ドル以外に取扱通貨を増やしている傾向があります。
              通貨の選択肢が大きく広がっていて、国際のMMF を取り扱う楽天証券では、業界最多の6通貨を取り扱っています。
              利回りも国際のMMF は高く、米ドル0.255%、ユーロ0.260%、豪ドル3.983%、NZドル2.377%、カナダドルが0.260%、南アフリカランド5.469%となっています。
              某大手都市銀行の外貨預金と比べても、国際のMMF の利回りは非常に高く、魅力的な商品になっています。
              気になるのが国際のMMF の為替手数料ですが、これについても某大手都市銀行よりもかなり安くなっています。
              また、国際のMMF の場合、どの通貨も10通貨単位から購入することができるので、らくです。
              米ドル、ユーロでも国際のMMF であれば、1,000円前後から購入することができ、気軽に運用できます。

              国際のMMF に関しては、SBI証券でも業界最多の6通貨を取り扱っていて、人気が沸騰しています。
              但し、為替手数料については、SBI証券の国際のMMF は、楽天証券よりも高くなっています。
              購入単位については、楽天証券同様、SBI証券の国際のMMF は、どの通貨も10通貨単位から購入できます。
              ユーロでも1,000円前後から購入可能で、マネックス証券の国際のMMF は、3通貨取り扱っています。
              満期がなく、いつでも換金できるのが国際のMMF の魅力で、他の外貨建て商品の購入資金を一時的に預けたりできます。
              また、国際のMMF の利用用途として、受け取った償還金や売却代金を外貨のままで受け取ったりすることもできます。

              野村証券のMMF

              0
                MMFを取り扱っている証券会社で外せないのが野村証券で、非常に人気があり、知名度も抜群です。
                野村証券のMMFは、賢い資産運用をしたい人におすすめで、野村証券の投資信託商品なので、とても信頼性が高いです。
                かつては銀行に預けているだけでお金が増えた時代がありましたが、今はそういうことはなく、MMFが注目されています。
                現在は全くといっていいほど利子がつかない低金利時代なので、そうした中、野村証券のMMFはおすすめできます。
                国内で預貯金していても、いつまでたってもお金が増えていく事はないので、野村証券のMMFを利用してみる価値はあります。
                お金を増やしたいなら、投資信託をスタートすべきで、おすすめなのが、野村証券のMMFになります。
                野村証券のMMFは、非常に安全性の高い公社債を中心とした投資を提供していて、安定感という意味合いにおいてはとても信頼できます。

                MMFは、投資信託による資産運用になりますが、野村証券の場合、好利回りの公社債で投資を実施することができます。
                但し、投資信託なので、野村証券のMMFも、当然、元本を完全に保護するものではありませんが、安定感は抜群です。
                株式などへの投資は行わず、野村証券のMMFの場合、他社と比較しても、より安全性は高くなっています。
                野村証券のMMFは、愛称、ひまわりとしても親しまれていて、年換算利回りは、現在、0.17%になっています。
                もちろんこの野村証券のMMFの利回りは確定ではなく、どんどん推移するものですが、比較的安定しています。
                実際に野村証券のMMFを購入する場合は、その時点での利回りをしっかり、チェックする必要はあります
                まず、野村証券のMMFの場合、購入に当たっては、目論見書という書類が渡されることになり、そこでしっかりと説明が行われます。

                MMFは、野村証券がおすすめで、最初に行われる目論見書には、投資信託の大切な情報がたくさんつまっています。
                リスクについての説明も野村証券のMMFはしっかり行っていて、危険性について、お客さんに安心を提供しています。
                完全に元本が保証されるわけではないので、野村証券のMMFは、その辺のところを重点的に説明しています。
                やはり、MMFは、それなりのリスクは付きまとうので、着実に遂行できる野村証券でまず始めてみましょう。
                最初にしっかりと野村証券の目論見書に目を通し、リスクを理解してから、野村証券のMMFを始めましょう。
                何と言っても利回りがどの通貨でも高水準なのが野村証券のMMFの魅力で、さすがに最大手だけあって、納得ができます。

                大和証券のMMF大和証券

                0
                  MMFは、大手証券会社の大和証券も参入していて、外貨の場合、1,000円からの少額投資が出来るのが魅力となっています。
                  大和証券のMMFは、取扱い通貨が4通貨あって、気軽に色々な通貨が楽しめるようになっていて、有意義に投資ができます。
                  大和証券のMMFは、資産の分散投資が可能で、利益を自動的に投資してくれる外貨ハイパックというサービスがあります。
                  この大和証券のMMFのサービスは人気が高いのですが、ネット証券ではないので、証券口座の管理料が必要です。
                  外貨の大和証券のMMFの場合、外国証券口座となり、年間に3,150円の口座管理手数料がかかることになります。
                  大和証券のMMFは、口座を維持する時に必要な口座管理料がかかってしまうので、これは利用者にとっては痛いところです。
                  外貨MMFする場合、大和証券では外国証券口座が必要になり、年間で3,150円の口座管理料が必要となり、負担は大きいです。

                  MMFでは、大和証券は定評があり、米ドルの利回りの高さが好評で、少額投資が可能なところも受けています。
                  外貨ハイパックという大和証券のMMFのサービスは魅力的なのですが、口座管理料がかかります。
                  口座管理料が必要になるので、大和証券のMMFで投資する金額によっては、得られる利益が相殺される場合もあります。
                  そのため、大和証券のMMFで、少額投資を希望するような場合は、十分に注意しなければなりません。
                  しかし、大和証券のMMFを利用する場合、気になる外国証券口座の管理料を無料にすることができる条件があります。
                  これは、大和証券のMMFを利用する際、口座の預入資産が3,000万円以上であれば、口座管理料が無料になるというものです。
                  そのため、大和証券のMMFで、3,000万円以上の資産運用をすれば、口座管理料はかからないことになります。

                  MMFを大和証券で利用する場合、高額投資の人にはおすすめですが、ちょっと投資してみたい人には不向きと言えます。
                  要するに外貨MMFが初めての人にとっては、大和証券の場合、なかなか難しい条件と言えるでしょう。
                  但し、大和証券のMMFの外貨ハイパックサービスは、魅力的で、得た利益を円換金せずに自動的に外貨へ投資してくれます。
                  円換金しない分、為替手数料はかからず、大和証券のMMFのサービスは、それなりにメリットはあります。
                  また、自動的に外貨MMFへと投資してくれるので、外貨で資産運用を考えている人なら、手間が大きく省けます。
                  大和証券のMMFは、大和証券グループの大和投資信託が行っている投資信託商品になり、多くの人が利用しています。

                  MMFの税金

                  0
                    MMFというのは、基本的に、投資で得た利益に関しては、一定の税金がかかってくるので、注意が必要です。
                    外貨MMFについては、利益は大きく分けて2種類あり、それは運用実績に基づいて収益分配される分配金と、売買によって得られる為替差益になります。
                    この2つについては、同じ外貨MMFの収益になりますが、課税方法が異なるので、税金には注意が必要です。
                    外貨MMFについては、運用成績によって、投資家に分配金が支払われるという形になっていて、分配金に20%の税金が課せられます。
                    源泉分離課税という税金は、他の所得と全く分離して課税する制度で、MMFの場合、一定の税率で所得税が源泉徴収されます。
                    要するに、外貨MMFで説明すると、証券会社が分配金かめ所得税の税金として、20%が源泉徴収されることになります。
                    MMFの場合、投資家には税金が課税後の分配金として支払われるので、確定申告する必要はありません。

                    MMFをすることで利益が出た場合は、通常、税金を納めなくてはならない仕組みになっています。
                    利益がでるのはMMFの場合、2パターンあり、それぞれが別の課税方法になっていて、税金が課されるようになっています。
                    分配金は、外貨MMFの運用利益であり、これは毎月の利息のようなもので、これについてもしっかり税金が課されます。
                    また、為替差益と言うのは、MMFについて、売買したときの為替差による利益になります。これについては税金は課されません。
                    分配金は、外貨MMFを運用する会社が、運用して得た利益について、毎月月末に投資家へ還元するものを指します。
                    為替差益というのは、外貨MMFを買った後、円安になった場合の売買の差額のことを指します。
                    MMFの分配金に対しては、20.315% の源泉分離課税が課されることになり、それなりの税金が課されます。

                    MMFの税金は、2013年1月1日以降、復興特別所得税が導入されたことにより、20% の税率が 20.315%になっています。
                    源泉分離課税というMMFの税金の仕組みは、証券会社が分配金から所得税を自動で引くようになっています。
                    つまり、MMFの場合、何もしなくても納税が完結するというもので、税金の確定申告をする手間が省けます。
                    為替差益については、MMFの場合、外国籍の投資信託になるので、原則税金はかからず、非課税になっています。
                    為替差益がMMFの場合、税金はかからないことから、他の外貨商品よりも有利と言え、それが魅力になっています。
                    MMFは、税金の有利さがあるので、プロも運用に組み入れている商品として、高い人気を誇っています。

                    初心者のためのMMF

                    0
                      MMFというのは、初心者が始めるのにはもってこいで、正式名称はマネー・マネジメント・ファンドです。
                      MRFと同じくMMFは換金性が高い追加型公社債投資信託の一種で、初心者が取り組みやすくなっています。
                      MRFに次いで、MMFは、公社債投資信託の中でも非常に安全性が高く、元本保証はまず無いので、初心者におすすめです。
                      いわゆる安全な投資先として、MMFは、初心者に推奨されていて、今、新たな預金として大きく注目されています。
                      また、外貨MMFは、日本で売買できる外貨商品であり、ドルやユーロなどの外貨建てにて初心者でも気軽に資産運用ができます。
                      初心者が始めやすい投資信託がMMFであり、預けた資産を維持しながら、利益分配を継続して受け取ることができます。
                      MMFの場合、安全性の高い優良企業の社債や国債が投資先なので、最小限のリスクで安定した収益が実現できるメリットがあります。

                      MMFは、初心者向きということもあり、安全性が高く、短期で一気に稼ぐような商品ではありません。
                      長期運用で資産を安全に増やしたいという人に最適な商品がMMFで、まさに初心者にはうってつけの商品なのです。
                      そして、MMFが初心者におすすめできる理由は、税金面でも優遇を受けられると言う点で、これは非常に大きいです。
                      プロの投資家からもMMFは人気で、初心者の場合、慣れていないので、外貨を取り扱う評価の高い証券会社を選ぶといいでしょう。
                      まず、初心者がMMFを始めるにあたっては、希望の運用方法に合った証券会社を選ぶ必要があります。
                      MMFは、MRFと同様、日本国債や公社債、コマーシャルペーパーなど、譲渡性預金などの短期金融商品を組み入れています。
                      毎日決算を行うMMFは、その日の運用損益を全額分配して、月末の最終営業日後にまとめて分配する形式を取っています。

                      MMFの場合、分配された資金は自動的に再投資されることになるので、初心者が取り組みやすくなっています。
                      分配金はMMFの場合、少ないのですが、複利の力があるので、初心者にふさわしい生かせる投資先と言えます。
                      但し、MMFは、購入後30日未満に解約した場合、手数料相当の信託財産留保額が引かれるので、初心者は要注意です。
                      初心者の場合、MMFのことを、最低30日拘束の証券会社の定期預金という形で捉えておくといいかもしれません。
                      元本保証というのはMMFにはありませんが、高い利回りがあって自動再投資できるので、初心者でも安心です。
                      また、投資信託の一種なので、MMFは、銀行や信用金庫、証券会社などの金融機関から、気軽に買うことができます。

                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>
                      PR
                      ブログランキング


                      にほんブログ村 株ブログへ

                      ブログランキング
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM